2006年 07月 05日
楽しい 飼主と犬のお勉強
わたくしがブログというかPCサボってた日の sunaona-sippoさんのブログ バカ犬は1匹もいない。 をご覧下さい。

バカ犬は1匹もいない。は → こちらから

いいですよねー 日常会話がそのまま "コマンド"になってるって!
まさに理想的!って思うんですよ。

我が家にもあったんですよ!
sunaona-sippoさんのお宅と同じように 「ちょっとごめん」 「ありがとう」。

そして他に誉め言葉で 「カッコイイ!」 「やるじゃん!」があります。
反省すべき点は "この言葉と同時にオヤツ" とかでよ良い条件付けをしてれば良かった なのですが
どちらの言葉も口に出す時 自然と顔はにこやかに声は明るくなりますよね?
そのおかげか犬たちも嬉しくなるみたいなんです。

それから「違うよ」があります。

これはまだ 今7歳の喰太が1歳になる前の頃。
公園に喰太の大好きなお友達が来た時「喰太、〇〇くん来たよ」
あらぬ方向を見る喰太に 「違うよ」と言ってたところ くびふろ家独自の"コマンド"になった言葉です。
「違うよ」の後には自然に「あっちよ」とか「こっちよ」とか大好きなお友達の場所を教える言葉が続きます。

いつの間にか「違うよ」と言われたら「じゃぁどうすればいいの?」と犬母に聞けば良い事がある!になっていたのです。

「違うよ」はとても重宝します。
犬のしていることを強く否定するのではなく犬が「え?もっといいことがあるの?」って期待してくれるから気持ち良く使えるのです。

こういう風に 横着不真面目飼主でもsunaona-sippoさんの バカ犬は1匹もいない。を読んでいるとすっかりその気になって
私にもできるじゃん!それならもっと犬と仲良くなるには!?それにはどうすればいいの?となります。

これぞ sunaona-sippoさんマジック!!

犬以前にすっかり躾られ始めてる飼主です。

窮屈な今までのような"犬の躾"では無いので人間と犬お互いが楽しむ方法を一緒に探しているようです。
だから、うまくいかなくてもちっとも苦になりません。
「これ、うまくいかなかったね、じゃぁ次はどうやってみようか?」ってなるのです。

sunaona-sippoさん ほんとうにありがとうございます! です。

[PR]

by kubifuro | 2006-07-05 01:16 | 飼主と犬のお勉強


<< ダメ飼主 くびふろ家の現実      たいくつモンスター ジャックラ... >>